晩秋の錦へと

晩秋の錦に彩られる中を、走り去りゆく朱色ディーゼルカー。

この週末も日本列島へと台風がやって来そうな雰囲気だが、
ここまで何度も台風が来ると、この秋の紅葉が心配になってくるのだが...。

d0309612_2352576.jpg

木次線 油木~備後落合

(追伸)
この写真、9月15日発売の交通新聞社 『鉄道ダイヤ情報』 の巻頭、
「 四季を走る鉄道2015秋 こがねいろ 」 にて掲載いただきました。
ありがとうございました。

by tongpooryk | 2015-09-17 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(10)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/22180466
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masayuki23115 at 2015-09-17 07:55
おめでとうございます(*^^*)

(*’ω’ノノ゙☆パチパチ

素敵な黄金色だったんだ♪
私も…出会いたいです♪
Commented by tongpooryk at 2015-09-17 08:08
>くるみ さん
おはようございます。
ありがとうございます。m(__)m
今年の紅葉はどうなんですかねぇ。
今のところ、中国地方は比較的台風の影響はないんですけど…。
Commented by マイオ at 2015-09-17 11:26 x
おめでとうございます。
見た瞬間、目に飛び込んできましたよ。
黄金色の葉と赤いディーゼル。
Commented by tongpooryk at 2015-09-17 19:41
>マイオ さん
こんばんは。
DJ誌、ご覧いただきありがとうございました。
私的に、紅葉にはこの朱色がいちばんしっくりくると思っています。
今年の紅葉が楽しみではあるのですが、台風が次々と発生しており、
綺麗な紅葉になるかどうか心配しているところです。
Commented by happyヒロ at 2015-09-17 23:06 x
おめでとうございます。
本日拝見させて頂きました
写真を見た瞬間
もしや?!やはり!!
紙面の中でも輝いていました。

後追いでしか表現できない光景
一週間前後するだけでも変化する光線
一週間前後するだけでも変化する紅葉
そこに狙い通り朱色
偶然というより狙い通り
素敵な素敵な写真です!

おめでとうございます。
Commented by tongpooryk at 2015-09-17 23:16
>happyヒロ さん
こんばんは。
ご祝辞ありがとうございます。
ご察しのとおり、午後の下り列車がここにくる頃には、もう日も傾いてきていて、
結構ギリギリなんですよ。
しかも、山の中なんで、影がいたるところにできてしまうし...。
同じ斜光線の中で、紅葉と朱色を狙うなら、より黄昏れたような雰囲気になる後追いを選択しました。返しだと日が残るかどうか微妙だったのも確かで、無難にこう攻めたというのも、もちろんあるんですけどね~。
これから少しずつ秋が深まり、また楽しみな季節になりますが、
今年は一気に紅葉へと向かいそうな気がしてまして...冷え込みが急なんですよねぇ。
Commented by jin at 2015-09-17 23:57 x
こんばんは。

おめでとうございます。
発売日に早速拝見しました。

「夏」に続いて今回もとは素晴らしいですね!
木次線 魅力ある鉄道で、夏にしか行ったことありませんので
お写真見てると、秋にほんと 行きたくなります^^


Commented by tongpooryk at 2015-09-18 00:20
>jin さん
こんばんは。
ご祝辞いただき、ありがとうございます。
木次線沿線は、JR西管内で最も標高が高いため、秋の紅葉の時期が特に綺麗な場所です。
三井野原近くには、中国地方では珍しいカラマツ林もあり、お勧めですよ~。
またこちらへもいらしてくださいませ。
Commented by こあらま at 2015-09-19 19:00 x
不思議な立体感
例によって、本日本屋に出向いてまいりました。
最初にウェブで拝見しましたが、鮮やかな紅葉と、不思議な立体感のある画だなと思いました。
色々な観点から、凄い画が撮れるもんだと、感心頻りです。参ったって感じです。
紙物を拝見すると、やや立体感と鮮やかさが落ちたかなって感じでした。
なかなか難しいものです。ウェブと刷り物。やっぱり、それぞれの仕上げになっているのですか。
ただウェブは、誰がどんなディスプレイで見ているか分かりませんからね。
小生のは、輝度が高過ぎるのかもしれませんね。
何れにしても素晴らしい作品だと思います。おめでとうございます。
Commented by tongpooryk at 2015-09-20 01:20
>こあらま さん
こんばんは。
この度はご覧いただき、ありがとうございました。
誌面の印刷についてですが...こあらまさんのおっしゃるとおりだと思います。
私も実は同じようなことを感じておりました。こればっかりは仕方がないかなぁと...。

ちなみに、ポジフィルムの色合いが好きだった私は、デジタルカメラに移行してからも、
少々アンダー気味に撮る傾向があります。
また、より明暗差を出すために、設定をリバーサルモード(PENTAXのカメラにはそんな設定があります)にして撮ることが多いですね。
撮影後の色の変更は微調整程度、ほとんどやっておりません。