収穫の頃、日没の前に

収穫の時期を迎えた黄金色の田んぼ。
夕刻の5時が近づき、そのほとんどが山影へと隠れてゆく中で、
ここの田だけにそそがれる斜光線...。

空気だけでなく、太陽の光も、秋の気配というより、すっかり秋の様相。
日ももう随分と短くなった。

d0309612_22434119.jpg

木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2015-09-14 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/22165179
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風太郎 at 2015-09-15 20:54 x
一般的には積極的にチャレンジしないシチュエーションですが、
さすがに山岡山さん、フレアも味方に付けて印象的な一枚に仕立てましたね。
秋の陽の透明感が伝わります。
Commented by tongpooryk at 2015-09-16 00:52
>風太郎 さん
こんばんは。いつもありがとうございます。
この時は、息子と2人で出かけており、
そろそろ帰ろうかと思いつつ、木次線沿いを車でさまよっていた時に、
ほとんど山影になりつつある中で見つけた、光のシチュエーションです。
ご察しのとおり、画面左にフレアが出るように、微妙なアングル調整をしました。
こういう偶然があるから、ますますやめられなくなりますね~。