オオキンケイギクの咲く駅で

梅雨入り前の石見簗瀬駅の堤には、オオキンケイギクが咲き誇る。

この時期になると、あちこちでその黄色い花を見ることができるが、
これほどたくさんの花が密集して咲くのも珍しい。

なんでも、ご近所の方が種を蒔いてこの‘黄花風景’を作られたとのことだが、
最近は、外来種であるこの花の繁殖力を心配してか、
満開になる前に刈り取ってしまうらしい。

d0309612_2349406.jpg

三江線 石見簗瀬

by tongpooryk | 2015-05-27 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/21829607
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masayuki23115 at 2015-05-27 07:38
おはようございます(*^^*)

えっ…凄いですね(*^^*)
外来種なんや…しかし、見事!!

一度はみてやはり…撮影したいです(*^^*)
Commented by tongpooryk at 2015-05-28 00:40
>くるみ さん
こんばんは。
そうなんですよ。この花は外来種。
しかも、その繁殖力の高さから、生態系への影響が高いということで、特定外来種に指定されてて...栽培が禁止されている植物なんです。