名残の鯉のぼり

強い春風にそよぐ幟、そして鯉のぼり。

忙しかったGW中は、思うように撮影に行けず、
今年は、子供の日(5月5日)までに青空と鯉のぼりのコラボを撮影することは叶わなかった。
が、昨日、八川へと車を走らせてみると...風にそよぐ鯉のぼりの姿が。

息子と2人、広角レンズ片手に列車を待つことしばし。
直前まで萎えていた鯉のぼりは、列車の通過とともに奇跡的な泳ぎ。
息子と2人で、「来たねぇ~!」と、顔を見合わせた。

d0309612_21133644.jpg

            木次線 出雲横田~八川

by tongpooryk | 2015-05-11 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/21778491
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ゆこたん at 2015-05-11 00:19 x
本当にきれいに泳いでますね!
素晴らしい(*^_^*)
Commented by tongpooryk at 2015-05-11 00:34
>ゆこたん
ありがとうございます。
これは本当に奇跡でした。昨日はこれを撮りに行ったようなものだったのに、直前まで萎え萎えで...踏切が鳴り、列車の迫る音が聞こえてきた瞬間から風が吹き、幟が上がりました。
こんなこともあるから、やめられませんね~。
Commented by 賄.賄悠々 at 2015-05-11 19:02 x
こんばんは~。やっぱり鯉幟は広角レンズであおった方が良い画になりますね。間に合ってよかったね。
Commented by tongpooryk at 2015-05-11 20:21
>ユウ さん
こんばんは。そうなんですよ~。
間に合ってよかったです。
場所にもよりますが、鯉のぼりは青空を入れて広角レンズで煽るのが理想的かなと思います。