新緑の山里をゆく

新緑の山里へとやってきた朱色のディーゼルカー。
いつもよりも少し早い山の色付きの中、
下久野の集落では、田植え準備が始まっている。

この時期は、新芽から漂う山の薫りとともに、
水をはった田んぼの匂いを感じるのもまた楽しみ。

d0309612_2232054.jpg

木次線 日登~下久野

by tongpooryk | 2015-05-04 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/21759273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 風旅記 at 2015-05-04 21:50 x
こんばんは。いつもお写真を楽しませて頂いています。
木次線の風景、本当に魅力的ですね。
各地を列車に揺られていても、国道沿いに普段見るお店の看板ばかりが並ぶ様子に、全国が本当に均質化してしまったように感じることも多いですが、素朴な山の原風景のような車窓が続けば、きっと列車の旅も楽しいものと思います。
お写真も、今の季節の色合い鮮やかで、とても素敵です。(気動車の朱色は、派手なようで里山の風景に馴染むから不思議です)
今後とも、宜しくお願い致します。
風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc
Commented by happyヒロ at 2015-05-04 22:45 x
こんにちは!
未だに木次で見た
まるで山々が生きている様な
素敵な新緑が脳裏から離れません。。。

やはり表面的にしか撮影出来ていない自分と違い
木次の魅力が詰まった数々の写真
あ~
また再訪したい思いが募るばかりです。

いずれも木次を知り尽くしたからこその写真
どんどん引き込まれます!!

タラコ色のキハもいいもんですね~

またリベンジしてみたいものです。
Commented by tongpooryk at 2015-05-05 00:05
>風旅記 さま
こんばんは。いつもご覧いただきありがとうございます。
この時期は、やはり新緑ですよね。
中国山地でも新緑が綺麗な場所は多々あるのですが、
特に、標高が高い木次線の三井野原付近は、カラマツに始まり、山々が少しずつ芽吹いてゆくのが本当に綺麗で、ついつい毎年足を運んでしまいます。
木次線も、この写真のあたりまで下りてくると、また雰囲気が違って、山里の雰囲気を感じることができます。
またぜひこちらへも旅してみてくださいませ。
Commented by tongpooryk at 2015-05-05 00:18
>Happyヒロ さま
こんばんは。このGWはどちらへお出かけですか?
私は仕事の合間を縫いつつ、いつもどおり中国山地で撮影をしておりますが、今年は山の色付きというか、季節の変化のあまりの早さに驚いているところです。

やはり、山々が萌芽色に包まれてゆくこの時期は、‘山が笑う’ではないですが、自然の生命力を強く感じますよね。
なので、ついついシャッターを押す回数も増えてしまいます。
魅力満載の木次線、再訪と言わず、再々訪も含めてご検討くださいませ。(笑)