萌の季節の双銀杏

芽吹いた2本の銀杏の樹の側を駆けてゆく単行ディーゼルカー。

三江線の作木口から香淀にかけては、江の川沿いを縫うように走るが、
その対岸に、銀杏の樹が2本立っている。

毎年4月の下旬、江の川沿いの山々が芽吹き始める頃になると、
この‘双銀杏’は透きとおるような萌芽色へと彩られ...。
私にとって、萌の季節の楽しみになっている。

今年はあいにく雨の中での訪問となったが、
香淀の‘双銀杏’は、いつもどおりの萌芽色で迎えてくれた。

d0309612_018526.jpg

三江線 作木口~香淀

by tongpooryk | 2015-04-20 00:18 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/21723759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。