ホームへと、雪をかき分けて ~冬神おろち・木次線ラッセル列車

木次線ホームへと、雪をかき分けながら、
いつもより少し遅れて備後落合へと入って来た‘冬神おろち’。
今から入念な出発準備の後、再び折り返しのラッセルが始まる。

今晩から再び強まる冬型。明日朝の‘冬神おろち’の出動はあるのだろうか。

d0309612_19165917.jpg

木次線 備後落合

by tongpooryk | 2015-01-11 19:19 | 木次線 | Trackback | Comments(7)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/21466778
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masayuki23115 at 2015-01-11 19:40
こんばんは(*^^*)

素敵ですね!!
おろちですか!!
見たことナッシング…ハハハ(((^^;)

しかし、素敵なホームの写真…φ(..)メモメモ

昨日…貴志川線行きましたが、色々考えて撮影するの楽しみです(*^^*)
Commented by tongpooryk at 2015-01-11 20:06
>くるみ さま
こんばんは。
いつもありがとうございます。
このディーゼル機関車、冬はラッセル列車(冬の鉄路を守るという意味で`冬神´と呼ばれます)に、春から秋まではトロッコ列車`奥出雲おろち号´に使われるため、このラッセル列車のことを、`冬神おろち´と私は勝手に呼んでいます。
この日、車体を少しだけブラしたのにはちょっとした訳がありまして...それなりに型にはなったかなと。

貴志川線、極めてくださいね~。
そういえば、先月出た『鉄道ジャーナル』2月号に貴志川線のギャラリーがありましたね。
コンパクトにまとめられてて、流石大御所の作品でした。
この方の作品はいつも参考になります。
Commented by masayuki23115 at 2015-01-11 23:31
2月号ですか?

大御所って誰ですか?
Commented by tongpooryk at 2015-01-12 00:00
>くるみ さま
そうです。『鉄道ジャーナル』2月号です。
大御所とは、佐野嘉春さんのことで、
「日本一心豊かなローカル線~和歌山電鐵貴志川線~」
と題した`RJ GALLERY´です。
Commented by masayuki23115 at 2015-01-12 06:34
ありがとうございます(*^^*)
買って見てみます♪

ありがとうございます(*^^*)
Commented at 2015-01-12 07:25
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tongpooryk at 2015-01-12 08:24
>鍵コメ さま
おはようございます。
了解です。お忙しい中、ありがとうございました。
また聞かせてくださいね~。