かつての川平駅 ~がんばろう三江線

今から15年前の川平駅。
まだ交換設備や構内に跨線橋があった時代。

日帰りで山陰へと旅した私は、
広島へ帰るべく江津から三江線へと乗り換えた。
そして、ここ川平で列車行き違いのため、しばし停車、
その間にホームへ降り立ち...。

この頃は、三江線の沿線から山陰方面への通学が多くあり、
夕刻の江津発に乗ると車内は満員だった。

川平、川戸と少しずつ学生たちは下車していき、石見川本あたりで入れ替わった学生たちを乗せつつ、
県境あたりでようやくゆったりと座れるようになった記憶がある。

その後、三江線沿線の過疎化が少しずつ進行、減便が実施され、駅の交換設備は次々となくなり、
さらに、沿線の高校におけるスクールバスの導入から、安定と思われた通学客さえ大きく減少してしまった。

ローカル線ののんびりとした雰囲気は今でもあまり変わりないように思うが、
15年という歳月は、地方鉄道をとりまく環境を随分と変えてしまった気がする。

d0309612_2253138.jpg


三江線 川平

にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

by tongpooryk | 2013-09-13 22:09 | 三江線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/19649496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。