朝霧晴れて ~がんばろう三江線

早朝の井原川橋梁を行く列車。

ちょうど、この度の豪雨で流出した橋脚の真上あたり。

江の川を覆っていた霧がようやく晴れた後、
朝日の輝きがとても綺麗だった。

桜にはまだ少し早い頃の、
三江線春風景。

d0309612_2212781.jpg


三江線 鹿賀~因原

by tongpooryk | 2013-08-27 00:01 | 三江線 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/19540710
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by さすらいびと at 2013-08-27 20:34 x
おばんです。もう何年前になるでしょうか?三江線にSLが走った時に行った時のことをよく覚えています。素晴らしいロケーションに歓声をあげたっけ…
ここの因原の鉄橋でも撮影した記憶があります。とてもショックです。
一日も早い復旧を祈っています。
Commented by マイオ at 2013-08-27 22:21 x
はじめまして。
風太郎さんのブログからお邪魔しました。
以前にrrrazurrrさんのブログでもお名前を拝見した
ような記憶があります。
三江線は蒸気終末時代、つまり北線時代に一度だけ
訪問して、この鉄橋を撮影しました。当時も明塚・浜原は水害(昭和47年)の影響で不通でした。
そして今回も・・・。早期の復旧を祈るばかりなり、です。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by tongpooryk at 2013-08-28 07:39
>さすらいびと さま

おはようございます。ご返事遅くなりました。
三江線の復活SL、確かC56でしたよね?
私はまだその頃は‘乗り鉄’でしたので、実は未経験なんですよ。
この因原の鉄橋、三江線に臨時列車がある時には、必ずカメラマンでにぎわう、いわゆる定番撮影地ですね。
江津~石見川本は駅の交換設備がない(撤去された)ため、ここが復旧しないと、石見川本から北は部分的な再開すら不可能というのが痛いですね。
Commented by tongpooryk at 2013-08-28 07:52
>マイオ さま

はじめまして。こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。
ご返事遅くなりました。
三江北線の時代、しかも現役SLの頃、しかも昭和47の災害直後にご訪問とは。私の中では全て伝説でございます。
あの時は確か、臨時の仮乗降場があったと聞いておりますが...。
鉄道路線の復旧は、とにかく最優先事項だった国鉄時代ですが、現在では...1日も早い復旧を祈るばかりです。