青田を駆け抜けて

梅雨時期の青々とした水田。
畦に降りると、小さなアマガエルたちがいっせいに飛び跳ねる。
水を湛えた田で泳いでいたたくさんのオタマジャクシを見たのはいつだったか...。
季節のうつろいは本当に早い。

d0309612_21445933.jpg


木次線 油木~備後落合

by tongpooryk | 2013-07-03 00:01 | 木次線 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/19148339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。