ようやく快晴

三江線沿線へ、新緑を目当てに出かけた。
朝は雨も降りどんよりとした天気。
が、正午を境に一転、真っ青な空が顔を出し始めた。

いつになく午後いちばんの江津行きは2両編成で運転された(午前に石見川本行き下りの臨時列車があったため、その車両の返却回送での増結。)。

d0309612_7412336.jpg


三江線 鹿賀~因原

by tongpooryk | 2013-05-15 07:42 | 三江線 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://yamaokaya.exblog.jp/tb/18767158
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ロマンスカー at 2013-05-19 22:52 x
先ずはブログ開設おめでとうございます。

地元に拘る叙情詞は素晴らしき世界で、
惹き付けて止みません。

この圧倒的な青空は、やっと巡ってきた快晴に対する歓びを表しているように感じました。
そして、窓のみならず材質を活かして車体にもその青空を写し、アクセントの緑と相まって絶妙!としか言いようがありません。

素敵な風景、これから楽しみが増えました。
Commented by tongpooryk at 2013-05-20 00:38
>ロマンスカー さま

ご覧いただき、ありがとうございました。
その後、お変わりありませんでしょうか?

この日の朝は本当に天気が悪く、昼ごはんを食べたら帰ろうかと本気で考えておりましたが、劇的に回復してくれたので、帰るに帰れなくなり、結局日没までしつこく撮影しておりました。
雨の日もそれはそれで良いですが、やはり青空に勝るものはないと思いますね。気持ちを高揚させてくれます。

ぼちぼちでやっていきたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。